メール配信の概要とは?

メール配信はどのような仕組みになっている?

メール配信には、大きく分けると2種類のタイプがあります。それはオンプレミスとクラウドの2タイプです。オンプレミスタイプというのは、メール配信を行う企業や事業者が、自分でサーバーを用意するものです。システムの構築やメンテナンス等、自分達で行う必要がありますが、その分自由度が高いということで採用している企業も多くあります。また、自社内でデータを管理することになるため、セキュリティを強化しやすいというのもメリットです。クラウドタイプは、サーバーを外部で用意してもらいネットを経由して利用するタイプとなっています。自分でサーバーを用意したり、システムを構築したりする必要がないため、手軽に導入できるのが魅力です。

メール配信にはどのような機能がある?

メール配信のメインの機能になるのが、自動配信や一斉配信の機能です。通常誰かにメールを送る場合、1つ1つのメールに対して手作業でメールを配信することになります。しかし、メール配信サービスを利用すれば、届いたメールに対して自動的にメールを返信することも可能です。また、配信時間を設定して複数の相手に一斉にメールを送ることもできるので、業務の効率化を図ることができます。メールリストの管理がしやすくなるのも、メール配信サービスの魅力的な機能です。メールマガジンなどを配信する時、顧客1人1人のメールアドレスを管理するのはかなり大変で、手作業で行うと手間と時間がかかります。それを自動的に管理できるのは大きなメリットになります。