気を付けて!メール配信のデメリット

迷惑メールと認識されるケースがある

メール配信の頻度が高いと迷惑メールと認識されやすくなります。他にもメールのタイトルに詐欺を疑われるようなワードがあると迷惑メールと判定される可能性も高いです。これらの条件に含まれないようなメール配信を行うのが重要でしょう。例えばメールのタイトルに使う言葉に気を付けるのが良いと言えます。また迷惑メールにならないようにするために、SPFやDKIMといったセキュリティ技術を活用するのも有効な手段でしょう。SPFを使えば何処から送られているメールなのかを受信者に伝えられます。DKIMを使えば自分が作って送信したメールだということを受信者に証明できるという利点があります。他にも暗号化メールの配信を送ることでも迷惑メールと判定されにくくなるでしょう。

画像や動画が表示されないケースがある

メール配信のデメリットになる可能性があるものとして考えられるのが、画像や動画が表示されないことでしょう。HTMLメールを配信すればメールの本文に画像や動画を入れることができます。画像や動画を入れることで文章だけのメールよりも、人の目を引きやすいという利点が得られます。しかし、メールを受信する人によってはセキュリティ対策として画像や動画の表示と再生を制限しているケースが考えられます。このようなケースではマルチパート配信が良いでしょう。マルチパート配信ではHTMLメールとテキストメールのどちらが適しているのかを自動表示してくれます。そのためHTMLメールが使える相手にだけ画像や動画を入れた文章を送り、それ以外の相手にはテキストメールの配信が可能になります。